Cyclone V ACPの実験その3

前回の実験で、ACPを有効にすることができました。では、ACPを有効にするために必要とされている設定を個別に解除した場合、本当にACPが無効になるのかを確認しました。

ACPの設定解除

1. AxUSER[0]=0に設定

結果

ACPは無効になりました。

2. AxCACHE[3:0]=0に設定

結果

ACPは無効になりました。

3. SCUを無効に設定

結果

ACPは無効になりました。

4. コヒーレント・メモリのSharableを無効に設定

結果

ACPは無効になりました。

5. ACTLRレジスタのSMPビットを解除

結果

ACPは有効でした。

まとめ

少なくともこの実験では、ACTLRのSMPビットが設定されていなくてもACPが有効でした。このテストは非常に簡単な動作しか行っていないので、より複雑な動作状況下ではACTLRの設定が必要なのかも知れません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告大