Vivadoのインプリメンテーションをコマンドラインで実行する

Vivado GUIのImplementationをコマンドラインから実行する場合の手順です。

Implementationをコマンドラインで実行する手順

まず、Vivado GUIで一通り動作するプロジェクトを作成してインプリメンテーションを実行します。この時、プロジェクトのディレクトリにインプリメンテーション用のTclファイルが生成されます。場所は、<プロジェクト名>.runs/impl_1/<トップモジュール名>.tclです。このファイルを参考に、コマンドライン実行用のTclファイルを作成します。

tclファイルの作成

インプリメンテーションの主な流れは

  • 合成結果の読み込み(add_files *.dcp)
  • .xdcの読み込み(read_xdc)
  • link_design
  • opt_design
  • place_design
  • route_design

です。実際のTclファイルは次の様になります。GUIで生成されたTclファイルを見ると、.xdcを読み込んでから processing_order属性を EARLYに設定しているようなので、同様の処理を追加しています。read_xdcは非常に重要です。例えばZedBoardの場合、IP Integratorで生成した.xdcの読み込みを忘れると、外部ピンが意図通りに設定されない場合がありました。

実行

Vivadoコマンドプロンプトから次のコマンドを実行すると、インプリメンテーションが行われます。

GUIでの結果確認

write_checkpointで保存した.dcpを読み込むと、結果を確認できます。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク