ISEのCORE Generatorをコマンドラインから実行する

Xilinx社の最新の開発環境はVivadoに移行しましたが、Virtex-6やSpartan-6、またそれらよりも古いデバイスを使う場合は、以前の開発環境であるISEを使うことになります。

ISEでは、CORE Generatorをつかって、IPコアの生成が行えます。例えば、DDR用IPコアのmigやソフトコア・プロセッサのMicroBlaze MCSはCORE Generatorで生成できます。CORE GeneratorはデフォルトでGUIが起動しますが、バッチ形式でコマンドラインから実行することも可能です。バッチ形式で実行する場合の手順は次のとおりです。

CORE Generatorをコマンドラインから実行する手順

まず、ISEのコマンドプロンプトを起動します。Windowsの場合は、Xilinx Design Tools->ISE Design Suite 14.x->Accessories->ISE Design Suite 64(or32) Bit Command Promptで起動します。Linuxの場合は、ターミナルを起動してから、ISEインストールディレクトリにあるsetting32/64.shまたはsetting32/64.cshをsourceします。

ISE Command Promptの起動

ISE Command Promptの起動

1. GUIでプロジェクトを作成してIPコアを登録する

IPコアを生成するディレクトリを作成し、ISEコマンドプロンプトのカレント・ディレクトリをそこに移動します。この例では、C:\work\coregen_batに移動しています。

CORE Generatorの起動

CORE Generatorの起動

次に、通常の手順でCORE Generatorのプロジェクトを作成し、適切なパラメータを設定してIPコアを生成します。この例では、mig, microblaze_mcs, clk_wizをIPコアとして生成しています。

生成するIPコアの登録

生成するIPコアの登録

2. 不要なファイルを削除する

GUIを使ってCORE GeneratorからIPコアを生成したとき、ディレクトリには次のようなファイルが生成されています。

CORE Generatorの生成ファイル

CORE Generatorの生成ファイル

これらのファイルから、IPコアの生成に必要な最低限のファイルを除いて削除します。具体的には、拡張子が.cgc,.cgp,.xco,.prjのファイルを残し、それ以外のファイルをすべて削除します。

CORE Generatorの生成に必要なファイル

CORE Generatorの生成に必要なファイル

4. ファイルの修正

IPコアによっては、.xcoファイルの修正が必要です。例えばmigは、次のようにmig.prjの参照ディレクトリをカレント・ディレクトリに修正する必要があります。

5. バッチファイルの作成

次のようなバッチファイル(Linuxの場合はシェル・スクリプト)を作成します。coregenの-bオプションで.xcoを指定し、-pオプションで.cgpを指定します。

6. IPコアの生成確認

コマンドプロンプトからmake_core.batを実行します。

make_core.batの実行

make_core.batの実行

まとめ

このように、IPコアの生成に必要な最低限の設定ファイルだけを残しておけば、必要なときにコマンドラインから一発でIPコアのHDLファイルを生成することができます。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク