Vivadoの合成をコマンドラインで実行する

Vivado GUIのSynthesisをコマンドラインから実行する場合の手順です。

Synthesisをコマンドラインで実行する手順

まず、Vivado GUIで一通り動作するプロジェクトを作成して合成を実行します。この時、プロジェクトのディレクトリに合成用のTclファイルが生成されます。場所は、<プロジェクト名>.runs/synth_1/<トップモジュール名>.tclです。このファイルを参考に、コマンドライン実行用のTclファイルを作成します。

tclファイルの作成

合成の主な流れは

  • read_verilogで必要なRTLを読み込む
  • synth_designで合成する
  • write_checkpointで結果を保存する

です。実際のTclファイルは次の様になります。GUIで生成されたTclファイルを見ると、.xdcを読み込んでからused_in_implementation属性をfalseに設定しているようなので、同様の処理を追加しています。Verilogのincludeパスは、synth_designの-include_dirsオプションで指定します。

実行

Vivadoコマンドプロンプトから次のコマンドを実行すると、合成が行われます。

GUIでの結果確認

write_checkpointで保存した.dcpを読み込むと、結果を確認できます。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク