Vivado用コマンドプロンプトの作成

Windows環境では、コマンドプロンプトを起動してsettings64.batを実行すると、Vivadoの実行に必要な環境設定が行われます。コマンドプロンプトのショートカットを作成して必要な設定を行うと、このような手順を簡略化できます。

Vivadoコマンドプロンプトの作成

コマンドプロンプトのショートカットを作成

デスクトップにコマンドプロンプトのショートカットを作成します。

ショートカットの作成

ショートカットの作成

コマンドプロンプトのショートカット

コマンドプロンプトのショートカット

ショートカットの名前を変更

ショートカットを適当な名前に変更します。

ショートカットをvivado_cmdに変更

ショートカットをvivado_cmdに変更

プロパティの変更

ショートカットのプロパティを表示します。

プロパティを表示

プロパティを表示


ショートカットタブのリンク先に/kオプションとsetting64.batのパスを指定します。 この例ではC:\Xilinx\Vivado\2015.4\settings64.batです。

また、作業用フォルダーに、起動時のパスを指定します。この例ではC:\workです。

ショートカットタブの設定

ショートカットタブの設定

ショートカットの実行

ショートカットを実行すると、Vivadoが実行可能なコマンドプロンプトが起動します。

ショートカットの実行

ショートカットの実行

Linuxの場合

Linuxの場合は、シェルスクリプトを起動してsettings64.shを実行するだけです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告大