OSとVivadoの実行時間

あるデザインのVivadoの実行時間を、オペレーティング・システムのみを変えて比較しました。

比較環境

マシンのスペック

プロセッサ Core i5-2415M CPU @2.30GHz
メモリ 8GB

比較するOS

OSは、同一PCの同一内蔵ハードディスクにデュアルブート構成でインストールしています。

OS 1 Windows7 SP1 Professional 64bit
OS 2 ubuntu 14.04LTE 64bit

Vivadoバージョンなど

  バージョン Vivado v2014.4 (64-bit)
 使用デバイス Zynq-7020(xc7z020clg484-1)

計測で使用したデザインについて

Zynq-7020でLUT使用率25%程度のデザインを使って計測を行いました。place_design後の詳細は次の通りです。

Slice Logic

Site Type Used Fixed Available Util%
Slice LUTs 12907 0 53200 24.26
LUT as Logic 12430 0 53200 23.36
LUT as Memory 477 0 17400 2.74
LUT as Distributed RAM 144 0
LUT as Shift Register 333 0
Slice Registers 12763 0 106400 11.99
Register as Flip Flop 12763 0 106400 11.99
Register as Latch 0 0 106400 0.00

Memory

Site Type Used Fixed Available Util%
Block RAM Tile 20 0 140 14.28
RAMB36/FIFO* 11 0 140 7.85
RAMB36E1 only 11
RAMB18 18 0 280 6.42
RAMB18E1 only 18

計測方法

VivadoのGUIでSynthesisとImplementationを実行し、レポートファイルの”Start of session”から” Exiting Vivado”までの時間を実行時間としました。

SynthesisとImplementation

SynthesisとImplementation

結果

Windows7 vs ubuntu14.04LTE

Vivado: Windows7 vs ubuntu14.04LTE

OS Synthesisの時間 Implementationの時間
Windows7 64bit 6分49秒 4分29秒
ubuntu 14.04LTE 64bit 4分29秒 3分18秒

まとめ

  • Synthesisはubuntuの方がWindows7よりも約1.5倍速い
  • Implementationはubuntuの方がWindows7よりも約1.3倍速い

という結果になりました。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク