Vivado HLS

スポンサーリンク
FPGA

Vivado HLSで作ったAXI4-Lite IPのAPI

Vivado HLSで高位合成を行うと、RTLと共にSDK用のAPIが生成されます。APIの利用方法をベアメタルで確認しました。 確認用のC関数 float_topという名前の関数です。aとbに単精度の浮動小数点形式の値を設定すると、c...
FPGA

Vivado HLSで作ったAXI4-Lite IPの組込み

Vivado HLSで作成したIPコアで気になるのは、次の点です。 本当にHLSで指定した動作周波数で配置配線ができるのか?(本当にタイミング収束するのか?) なぜこのような点が気になるかというと、従来のASICやFPGAの...
FPGA

Vivado HLSメモ

Vivado HL WebPACK EditionからVivao HLS(高位合成)を無償で試せるようになりました。Vivado HLSを使うと、CやC++で記述したコードからVerilogやVHDLのコードが生成できます。Vivado 2...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました