Quartus IIで回路を更新した後のEclipseのコンパイル

Nios IIなどのCPUを含むシステム・デザインの場合、Quartus IIで回路データを更新した後にEclipseでプログラムの再コンパイルが必要です。この時、単純にリコンパイルすると次のようなエラーが発生します。

Generate the BSP to update the Makefile, and then build again.

To generate from Eclipse:
1. Right-click the BSP project.
2. In the Nios II Menu, click Generate BSP.

To generate from the command line:
nios2-bsp-generate-files –settings= –bsp-dir=

make: *** [public.mk] Error 1

エラー内容に書いてある通り、BSPプロジェクトを右クリックして表示されるメニューからGenerate BSPを選択してリコンパイルすればエラーが消えます。

BSPの生成

BSPの生成

それでもエラーが発生する場合

BSPを再生成してコンパイルが成功しても、実行時に次のようなエラーが発生する場合があります。

"Unable to validate connection settings"エラー

“Unable to validate connection settings”エラー

これは、FPGAにダウンロードしたsofが古い(または異なる)場合に発生するエラーですが、正しいsofをダウンロードしていてもエラーが消えない場合があります。
このような時は、一度Eclipseを終了し、再起動するとエラーが消える場合があります。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク