スポンサーリンク
設計

CentOS7でModelSimを実行

Quartus Primeライト・エディションのModelSim Starter EditionをCentOS7で動かそうとすると、いろいろとライブラリのインストールが必要になりました。 必要なライブラリのインストール PLIのコンパイ...
FPGA

Vivado Simulatorのコマンドライン実行

Vivado Simulatorをコマンドラインから実行する場合、xvlog,xelab,xsimを続けて実行します。 シミュレーション実行までのプロセスは、ModelSimやNCSimと似ています。NCSimやModelsimと比べ...
FPGA

CentOS7のXilinx SDKエラー

CentOS7にインストールしたVivadoからXilinx SDK(2017.1)を実行し、プロジェクトのビルドを行うと以下のエラーが発生しました。 これは、どうやら64ビット環境で32ビットアプリを実行するときに発生するエラーのよ...
FPGA

Vivadoプロジェクト作成時のボード選択

VivadoでDIGILENT社のArtyボード用のプロジェクトを作成する時、デフォルト状態のVivadoでは、Artyがリストに表示されません。 これは、DIGILENT社のArtyの説明(Installing Vivado...
開発キット

Artyの開封

DIGILENT社のArtyボードを借りる機会がありました。 ボードの概要 Atryは、Xilinx社のArtix7-35Tが搭載されたFPGAボードです。価格は99ドルです。Artix7のラインナップは、ロジックセル数の少ない順に、1...
その他

シリアル出力のLinuxのターミナル表示

FPGA開発キットやRaspberry PIのような小型コンピュータは、コンソール表示がシリアルで出力されるものがあります。これらのシリアル出力は、USBの仮想シリアル・ポートなどでPCに接続し、専用のソフトで表示することが一般的です。PC...
OpenCores

OpenCoresで新規アカウントが承認されるまでの時間

OpenCoresに新規アカウントをリクエストしたら、承認されるまで非常に時間がかかったというお話です。 OpenCoresの新規アカウントリクエスト OpenCoresからプロジェクトの設計データをダウンロードしたい場合、アカウントが...
FPGA

Xilinx SDK 2016.1のコンパイルエラー

OpenCoresで公開したワイヤーフレーム3D CG IPコア(wf3d)は、ZedBoardまたはDE0でサンプル実装を行っています。このサンプル環境には、Vivado 2015.4のXilinx SDKで作成したサンプルアプリが含まれ...
FPGA

Vivado 2016.3のIP Integratorの挙動が微妙に違う

OpenCoresで公開したワイヤーフレーム3D CG IPコア(wf3d)には、ZedBoard用のVivado実行サンプル環境が含まれています。このサンプル環境は、Tclスクリプトを使ってbitstreamを生成しているのですが、Viv...
FPGA

Cyclone VでACPのアドレス設定を誤った場合の描画結果

Opencores.orgで公開した3DCG IPコアをDE0-Nano-SoCに移植したところ、描画結果が正しく表示されないという現象が発生しました。 ZedBoard版は問題になく表示されているので、AXIなどの基...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました