スポンサーリンク
設計

VivadoのUART

Vivado/Vitis v2020.1でArtyのArduino/chipKIT Shield Connectorからシリアルデータを取り込んだ時のメモです。 ArtyのArduino/chipKIT Shield Connect...
設計

QuartusのUART

DE10-LiteのArduino Uno R3 Expansion Headerからシリアルデータを取り込むには、Platform DesignerでUART(RS-232 Serial Port)をインスタンス化すればよいだけなのです...
設計

Nios II Software Build Tools for Eclipseが起動しない

Windows 10にインストールしたQuartus Prime Lite Edition 20.1のToolsメニューからNios II Software Build Tools for Eclipseを選択してもEclipseが 起動...
設計

[DRC NSTD-1]と[DRC UCIO-1]のエラー

昔のArty用VivadoプロジェクトデータをVivado2017.2でビルドすると、bitgenで次のエラーが発生しました。 [DRC NSTD-1] Unspecified I/O Standard: 4 out of ...
設計

Vivado2020.1でArtyのGetting Started with Microblaze

Vivado 2015.4が前提のArty Getting Started with Microblazeチュートリアルを、Vivado2020.1で実行したときのメモです。 チュートリアルの冒頭に「このガイドは古いので、こちらを...
FPGA

CentOS7から起動したXilinxSDKでjava.lang.NullPointerExceptionが発生する

CentOS7環境でXilinxSDKを起動し、プロジェクトのプロパティ画面からコンパイラの設定(C/C++ Build Settings)を表示しようとすると、正常に表示されない場合があります。 以下は、Vivado2016.4環...
設計

Quartus Prime 19.1のPlatform DesignerでGenerateが失敗する

Quartus Prime ライト・エディションのバージョン19.1からPlatform Designerを起動し、GenerateでHDLを生成しようとすると、次のようなエラーが発生しました。 Quartus Primeの実行プ...
設計

IcarusVerilogのPLI1.0で浮動小数点入力

IcarusVerilogのPLI1.0サンプルです。浮動小数点の値をバイナリ値に変換するtaskをPLI1.0で定義し、テストベンチで使用するサンプルです。動作環境はCentOS7です。 サンプルの内容は、以下のCver版と同じ...
機能検証

Icarus VerilogとSCVの連携(VPI)

Verilog RTLのデザインをSCV(SystemC Verification Library)で検証する環境のサンプルです。 サンプルの動作環境 このサンプルは次の環境で動作を確認しました。 OS...
機能検証

Icarus VerilogとSystemCの連携(VPI)

Verilog RTLのデザインをSystemCで検証する環境のサンプルです。 通常、Verilog RTLのデザインは、Verilogのテストベンチでテストデータ生成や出力データの検証を行いますが、VPI(Verilog ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました