Vivado

スポンサーリンク
開発キット

Vivado-MLスタンダードエディションで利用可能な評価ボード

Vivado-MLスタンダードエディションの範囲で利用できるデバイスを搭載した評価ボード を確認したときのメモです。 Spartan 7 名称搭載デバイス価格ビデオ出力Xilinx Spartan 7 SP701XC7S100$836HDM...
FPGA

VivadoとVitisのプロジェクトデータ管理

VivadoやVitisのプロジェクト・データを別のディレクトリや別のPC上に移行したい場合のメモです。 Vivado Vivadoでプロジェクト・データのアーカイブファイルを作成し、それを別のPCなどで展開してVivadoで読み込むだけで...
FPGA

AXI Verification IPのコマンドライン実行

VivadoのAXI Verification IP(AXI VIP)をWindows10のコマンドプロンプトから実行したときのメモです。 サンプルの生成 Vivadoで適当なプロジェクトを作成してIP CatalogからAXI VIPを生...
FPGA

Vivado Simulatorのコマンドライン実行(Tcl Shell)

Windows10のTcl Shell上でVivado Simulatorをコマンドライン実行する時の手順です。 Tcl Shellの起動 WindowsのスタートメニューからVivado Tcl Shellを起動します。 Tcl Shel...
FPGA

VivadoとVitisでFPGAをデバッグする時の注意点

VitisのアプリをFPGAの実機を使ってデバッグする場合、VivaoのFlow Navigator/PROGRAM AND DEBUGでHardware Managerを開き、ロジックアナライザのトリガー設定などを行ってからVitisでア...
設計

Vivao [Place 30-58] place_designエラー

Vivadoで外部ピンを若干追加してデザインを配置配線すると、次のような予想しないエラーがでました。 [Place 30-58] IO placement is infeasible. Number of unplaced terminal...
設計

VitisでExecutables selected for download …というワーニングが出る

MicroBlaze用のプロジェクトをVitis(2020.2)を実行しようとしたところ、まったく動かなくなりました。画面には次のような見慣れないポップアップウィンドウが表示されます。 Vitisのワーニング "プロセッサが見つからない"と...
設計

VivadoのUART

Vivado/Vitis v2020.1でArtyのArduino/chipKIT Shield Connectorからシリアルデータを取り込んだ時のメモです。 ArtyのArduino/chipKIT Shield Connector V...
設計

[DRC NSTD-1]と[DRC UCIO-1]のエラー

昔のArty用VivadoプロジェクトデータをVivado2017.2でビルドすると、bitgenで次のエラーが発生しました。 [DRC NSTD-1] Unspecified I/O Standard: 4 out of 66 logic...
設計

Vivado2020.1でArtyのGetting Started with Microblaze

Vivado 2015.4が前提のArty Getting Started with Microblazeチュートリアルを、Vivado2020.1で実行したときのメモです。 チュートリアルの冒頭に「このガイドは古いので、こちらを参照してく...
スポンサーリンク