Spartan-3とZynq-7000を搭載したボードの消費電力比較

元々Spartan-3で実装していたシステムをZynq-7000のシステムに移植しました。消費電力が気になったので、2つのシステムの比較を行いました。アプリケーションは、リアルタイム3Dグラフィクス・アクセラレータです。

システム

Spartan-3システム

使用した開発ボードは、組み込みシステム開発評価キット(CQ出版社)です。

組み込みシステム開発評価キット

組み込みシステム開発評価キット

ボード名 組み込みシステム開発評価キットBLANCA
搭載FPGA Spartan-3 XC3S1500
プロセッサ SH4-A 400MHz
外部メモリ総容量 16MByte+64MByte
メモリ帯域(ピーク) 264MByte/Sec.+1332MByte/Sec.

Zynq-7000システム

使用した開発ボードは、ZedBoard(Avnet社)です。

ZedBoard

ZedBoard

ボード名 組み込みシステム開発評価キットBLANCA
搭載FPGA Zynq-7000 XC7Z020
プロセッサ Cortex-A9 666MHz
外部メモリ総容量 512MByte
メモリ帯域(ピーク) 4266MByte/Sec.

消費電力の計測方法

FPGAボードのACアダプタとコンセント間に市販のワット・チェッカーを接続し、動作中の消費電力を測定しました。

計測方法

計測方法

使用したワット・チェッカーは「サンワサプライ TAP-TST5 ワットチェッカー」です。

ワットチェッカー

TAP-TST5

計測結果

ボード名 消費電力
組み込みシステム開発評価キット 9.6W
ZedBoard 4.8W

まとめ

Zynq-7000(ZedBoard)の方が消費電力が少ないことがわかりました(約1/2)。

ボード全体の消費電力を計測しているので、FPGA単体の比較とはいえません。また、消費電力は、実装する論理回路やプロセッサで実行するアプリケーションに強く依存するので、別の回路実装では異なった結果になるかも知れません。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク